【2024年2月最新】GMOとくとくBB光の総まとめ

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

とくとくBB光が気になっているけど、月額などの基本情報からデメリットや注意点などを知りたい人向けです。

月額の安さが売りのとくとくBB光ですが、キャッシュバックの受取りにくさがあるのでしっかり把握して満額もらえるようにしましょう。

「実施中のお得なキャンペーンを知りたい!」という方はクリックで該当箇所に飛びます。

この記事を書いた人
川浪 大典

光回線コンサルタント

大手光回線の訪問販売5年
常に売り上げトップ3位以内
5社を超える代理店に光回線の教育
スマホ,PC等の販売、初期設定3年
個人宅のWi-Fi調査500件以上
デジタル庁から【デジタル推進委員】に任命
一般社団法人 日本支援技術協会から【デジタルアクセシビリティアドバイザー】に任命

詳しい自己紹介はこちら

目次

GMOとくとくBB光のスペック

GMOとくとくBB光の特徴は、月額が平均よりも圧倒的に安いのが特徴で、最安級です。

携帯のセット割引がない方は候補の一つにいれて間違いない回線事業者です。(GMOとくとくBB光はセット割引がない為)

川浪 大典

格安回線なのにキャッシュバックもやっているのはとくとくBB光だけです。

月額

当サイトの特設ページ経由通常ページ経由の月額は以下の通りです。

回線タイプ(当サイト経由)月額
ファミリータイプ4,818円
マンションタイプ3,773円
川浪 大典

申し込むページが違うだけで、なぜか月額が違うという謎仕様

通常ページから申し込むと、月額500円高いので年額6,000円も損します
申し込むなら特設ページ経由にしましょう

GMOとくとくBB光を検討してる人は必ず下記の特設ページを経由して申込むのを推奨します。

初期費用・工事費

種別費用
事務手数料3,300円
戸建て工事費26,400円
マンション工事費25,300円
無派遣工事2,200円

転用・事業者変更は工事費0円

工事費は実質0円です。
毎月の工事費の分割金額(36回)と同等の割引が入る。

最低契約期間・違約金

縛りなしです。

いつ解約してもいいので、気にすることは下記の一つのみ。

36ヶ月以内に解約すると工事費の残債請求がくるのでそこだけ気をつけましょう。

通信品質・接続方式

下り最大1Gbps
上り最大1Gbps
接続方式V6プラス
(IPoE/IPv4 over IPv6)対応

結論から言うと、IPoE接続に対応していない回線はボツです。

GMOとくとくBB光はIPoE接続に無料で対応している為、速度低下リスクが低いです。

従来のPPPoE接続だと、混雑しやすく回線速度が遅くなりがちですが、IPoE接続は空いているため混雑せず回線速度が低下しにくいです。(全くしないわけではありません)

川浪 大典

IPoE接続が有料の回線もあるので、無料はありがたい

ネットの速度に重要なIPoEやIPv6などの基礎をサクっと知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOとくとくBB光の評判

運営会社は誰しも知っている大企業のGMOインターネット株式会社です。

口コミを紹介します。

速度に関する口コミ

速い、問題ないという口コミもあれば、ボロクソに言われていることもあります。

しかし口コミには悪い評価が集まりやすいので、遅いという口コミの方が多いです。

川浪 大典

まぁこれはどの回線も同じです。

スクロールできます

GMOとくとくBB光のスペックや接続方式には何ら問題は有りません。

速度がでるかどうかは結局のところ、住まいの周辺環境に依存するので、どの回線も使ってみるまで分かりません。

料金に関する口コミ

料金に関して、事実ベースで安いので、高いという口コミは一切ありません。

他社だとキャッシュバックなどを込みにして安いと表現しているところもある中、GMOとくとくBBはシンプルに安いです。

スクロールできます

キャッシュバック・特典

GMOとくとくBB光には乗り換え、新規加入がしやすいようにキャッシュバックや特典が用意されています。

スクロールできます
キャンペーンキャッシュバック額対象者還元時期オプション加入申請・手続き
①5,000円 限定特典5,000円全員12ヶ月目 不要      
メールにて手続き 
(11ヶ月目のメール)
②違約金キャッシュバック
(乗り換え)
発生した違約金に応じて
最大60,000円まで還元
乗り換え時に違約金等が発生する方12ヶ月目
24ヶ月目
不要メールにて手続き
(11ヶ月目、23ヶ月目のメール)
③オプション加入で上乗せ光テレビ
20,000円
光電話
5,000円
※転用・事業者変更は対象外
オプション加入者12ヶ月目不要メールにて手続き
(11ヶ月目のメール)
④ルーター無料レンタル3年後はプレゼント全員
主なキャンペーン変更履歴を開く

2024年1月31日
キャンペーン改定がありました。

  • 光電話5,000円→4,000円



2023年12月28日~未定
キャンペーン改定がありました。

  • 乗り換え35,000円→発生した違約金に応じて
    最大60,000円まで

2023年12月1日~27日まで
キャンペーン改定がありました。

  • 光テレビ10,000円→20,000円
  • 光電話6,000円→5,000円

2023年11月1日
キャンペーン改定がありました。

  • 光電話:5,000円→6,000円

2023年10月2日
キャンペーン改定がありました。

  • 乗り換え40,000円→35,000円に減額
  • 還元時期12ヶ月と24ヶ月目→12ヶ月目に全額振込み
  • 光テレビ6,000円→10,000円
  • 光電話3,000円→5,000円
  • ①と③、②と③が併用可能→全て併用可能

\ 工事費実質無料/

当サイト経由限定で下記の3つのキャッシュバックを実施していて全てのキャンペーンが併用可能です。

  • ①全員5,000円
  • ②乗り換えで発生した違約金等、最大60,000円まで還元
  • ③オプション同時申込で+最大25,000円
川浪 大典

全て合わせると最大90,000円なので結構大きいです。

キャッシュバックの注意点

月額が安いのにキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBB光ですが、以下の点には注意が必要です。

キャッシュバック時期が遅い
受取に手続きが必要
解約金の証明書が必要

それぞれ解説していきますね。

キャッシュバック時期が遅い

12ヶ月後にキャッシュバックを受け取れます。

川浪 大典

2ヶ月目にもらえる回線もある中で、12ヶ月後なので結構遅い方です。

5,000円受取に手続きが必要

5,000円を受け取るにはメールでの手続きが必要です。

一切手続きが不要な光回線もある中で、とくとくBB光は手続きが必要なので申請忘れには要注意です。

期間が空くことに加え、プロバイダアドレスにメールがくるので受け取り忘れに注意!

解約金の証明書が必要

乗り換えで60,000円キャッシュバックを受け取るためには、他社を自己負担で解約したことを示す証明書が必要です。

自己負担の対象となる費用は以下。

  • 回線、テレビ、電話等の撤去に関わる費用や解約金
  • 回線の長期割引等にかかわる解約金
  • 利用中の回線工事費、端末代等の残債
  • とくとくBB光に変更する際の、プロバイダ解約料・他社固定電話からNTTアナログ回線への切り替え時に発生する工事費

開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに、解約の証明書をキャッシュバック申請フォームに添付して提出しましょう。

川浪 大典

過ぎちゃうと受け取れないですよ!

キャッシュバック申し込み手順

とくとくBB光の申し込みからキャンペーンの受け取りまでの手順を解説します。

転用・事業者変更による申し込みの場合は、事前に転用承諾番号と事業者変更承諾番号を取得しておきましょう。

転用・事業者変更とは
転用

フレッツ光▶光コラボへの乗り換え

事業者変更

光コラボ▶別の光コラボへの乗り換え

※とくとくBB光は光コラボです。

転用承諾番号はご自身の在籍するNTT東日本・NTT西日本のいずれかに連絡して取得します。

転用承諾番号の問い合わせ先
NTT東日本

0120-140-202(受付時間 9:00~17:00)

Web申し込み先

NTT東日本のサービス提供地域

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

NTT西日本

0120-553-104(受付時間 9:00~17:00)

Web申し込み先

NTT西日本のサービス提供地域

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

事業者変更承諾番号は乗り換え元の光コラボ事業者から取得できます。

5,000円キャッシュバックの申込手順と条件

とくとくBB光に契約した全員が手続きさえすれば無条件で5,000円のキャッシュバックを受け取れます。

内容
特典申込みで全員に5,000円キャッシュバック
期間2023年12月28日〜未定
適用条件適用期間中に専用ページからとくとくBB光を申し込んだ人
STEP
案内メール受け取り

開通月から11ヶ月目にメールアドレス宛に案内メールが届く

STEP
振込希望先口座の登録

翌月末までにメール本文に記載のURLから振込口座を登録する

STEP
振り込み完了

翌月末日にキャッシュバック金額が振り込まれる

60,000円キャッシュバックの申込手順と条件

60,000円還元は他社からの乗り換えに適用できます。

そのため申し込み時に他社サービスを利用していることが条件で、解約後に申請フォームから解約金の明細写真を提出します。

内容
特典内容他社解約金・工事費残債分
最大60,000円まで還元
適用期間2023年12月28日〜未定
適用条件・とくとくBB光申し込み時点で他社を利用中
・とくとくBB光を申し込み、専用フォームから特典を申請
・他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生
・開通月から3ヶ月目の末日までに解約金明細の写真を提出
STEP
60,000円キャッシュバック特典の申し込み

とくとくBB光の申込み完了メールに記載のURLから特典を申し込む

STEP
他社サービスの解約

開通月から3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約する

STEP
解約金明細書の提出

指定された方法で解約違約金明細の写真を提出する

STEP
キャッシュバックの案内メールが届く

開通月から11ヶ月目に案内メールが届く

STEP
振込希望先口座の登録

案内メールに記載のURLから振込を希望する口座を登録する

STEP
振り込み完了

案内メールが届いた翌月末日に還元金額が振り込まれる

GMOとくとくBBの総評

結論、GMOとくとくBB光を利用するのはアリだと思います。

しかし「キャッシュバックを貰い忘れしない」自信がある方ならという条件付きです。

とくとくBB光のメリット
  • 月額料金が光コラボ最安クラス
  • IPoE接続が無料で提供
    (回線が混雑しにくい)
  • ルーターレンタル無料
    (IPv6対応)
  • 格安回線系なのにキャッシュバックがある
  • 工事費実質無料
とくとくBB光のデメリット
  • キャッシュバック受取に手続きが必要
  • 受け取れるのが遅い
  • スマホとのセット割引はない

スマホのセット割引が関係ない人は選択肢のひとつになる回線ですね。

川浪 大典

月額が最安級で、キャッシュバックがあるのはGMOとくとくBB光だけです。

GMOとくとくBB申し込み手順

STEP

画面右上の「お申込み」をタップ

STEP
利用中のインターネットサービスの利用状況を選択

選択肢の中から選んでクリック

STEP
お申込みタイプと希望するオプションを選択

希望するオプションがあればチェックする

STEP
転用・事業者変更の場合は、承諾番号の入力
STEP
契約者情報の入力

契約者の情報を入力します。

ここで希望する基本メールアドレス、支払い方法、開通工事の希望日なども決めていきます。

STEP
メールにて工事日・開通日の連絡

登録したメールアドレスに、とくとくBB光から工事日・開通日を記載したメールが届きます。

STEP
郵送物を受け取る

工事日までに、「開通のご案内」の郵送物が届きます。契約書類なので大切に保管しましょう。

STEP
開通工事の立ち会い

派遣工事の場合は、工事に立ち会います。

作業時間は一般的に1~2時間で程度ですが工事内容によっては、長引く場合もあります。

STEP
ONU・ルーターの設定と利用開始

ONUとルーターを設定します。

設定方法は契約書類に分かりやすく絵を用いて説明されているので安心です。

STEP
乗り換え前の回線を解約

とくとくBB光を利用開始したら、乗り換えした人は乗り換え前に利用していた回線を解約します。

解約後は解約違約金の明細を写真に撮り、指定された方法でとくとくBB光宛に提出してください。

提出期限は開通月を1ヶ月目として3ヶ月目までです。

STEP
キャッシュバックの手続き(11ヶ月目)

開通月から11ヶ月後に、とくとくBB光の基本メールアドレス宛(プロバイダアドレス)に、キャッシュバックの案内メールが届きます。

※案内メールで翌月末までに振込先口座を登録しましょう。

手続きの対象は「①全員5,000円」「②乗り換え60,000円」「③オプション最大25,000円」です。

まとめ

最後に「GMOとくとくBB光の総まとめ」についてのまとめです。

  • 月額は光コラボ最安レベル
  • 申込みページで月額が変わる
  • 工事費実質無料
  • キャッシュバック受取に手続きが必要
  • キャッシュバック時期が遅い
  • キャッシュバックが高額
  • 縛りなし
  • 接続方式はIPoEで混雑しにくい

キャッシュバックの手続きを忘れずにやれる方なら、月額、通信品質ともに問題ないのでオススメできる回線です。

月額が最安クラス
回線が混雑しにくい
ルーターレンタル無料
特典が高額

おすすめじゃないポイント

特典の受け取りに手続きが必要
受け取れるのが遅い

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次