【見極めよ】ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは必要か不要か?

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

自分にとってWi-Fiマルチパックが必要なのか不要なのか分かりづらいと思う方が多いです。

公式HPなどをみていても非常に分かりづらい部分があり、とっかかりにくいです。

なのでこの記事では、以下の2つのパターンの人がWi-Fiマルチパックが必要か不要か判断できるように解説します。

ソフトバンク光を契約しようとしている
既にソフトバンク光を契約中

この記事を書いた人
執筆者 Dすけ

光回線コンサルタント

大手光回線の訪問販売5年
常に売り上げトップ3位以内
5社を超える代理店に光回線の教育
【ジャパネットたかた】
  ⇛スマホ,PC等の販売、初期設定3年
【ネクソース株式会社】
  (大手マーケティング企業)
  ⇛光回線のコンサル実施

詳しい自己紹介はこちら

ではさっそくこの記事の結論です。

結論、Wi-Fiマルチパックが不要な人はSoftBank/Y!mobileのモバイル契約がない人、途中で他社にした人くらいです。

Wi-Fiマルチパックを解約すると割引と紐づいてるので、割引が消えたり、電話オプション料金があがったりします。

よくあるミスで、「光BBユニットを使ってない」、「市販ルーターに付け替える」からといってWi-Fiマルチパックを解約してしまう方がいます。

▶おうち割も消失するので注意です。

「ソフトバンク光の申込みで絶対に損をしたくない!」という方は、最適な申込み窓口は人によって異なるをクリックすると該当箇所に飛べますよ!

目次

wifiマルチパックの役割

ソフトバンク光の「Wi-Fiマルチパック」の役割は2つです。

  • 光BBユニットでWi-Fi接続を可能にする
  • おうち割光セットを適用するためのオプション

これらの役割なので、Wi-Fiマルチパックを単独で契約しても何の意味もありません。

Wi-Fiマルチパックの加入が必要な方

加入が必要
  • 光BBユニットでWi-Fiを利用
  • おうち割光セットを適用

Wi-Fiマルチパックへの加入が必要な方について以下で詳しく解説します。

光BBユニットでWi-Fiを利用

光BBユニットでWi-Fiを利用するにはWi-Fiマルチパックの契約が必要になります。

Wi-Fiマルチパックに加入せずに、市販のルーターを光BBユニットに接続して市販のルーターからのWi-Fiを使うことは可能です。

おうち割光セットを適用

おうち割の適用条件にの一つにWi-Fiマルチパックが含まれています。

SoftBank/Y!mobileのモバイル契約をしてる方は、Wi-Fiマルチパック加入は必須です。

Wi-Fiマルチパックの加入が不要な方

加入が不要
  • 光BBユニットをレンタルしない
  • 市販の無線LANルーターでWi-Fi接続する

Wi-Fiマルチパックへの加入が不要な方について以下で詳しく解説します。

光BBユニットをレンタルしない

光BBユニットをレンタルしない方はWi-Fiマルチパックに加入する意味はありません。

もし、現状で光BBユニットをレンタルしておらず、Wi-Fiマルチパックに加入している方がいたらお金の無駄なのですぐに解約しましょう。

市販の無線LANルーターでWi-Fi接続

市販のルーターを設置して、「そのルーターのWi-Fi」を利用する方はWi-Fiマルチパックの加入は不要です。

理由は繰り返しになりますが、Wi-Fiマルチパックは光BBユニットでWi-Fiを利用したい方のオプションだからです。

Wi-Fiマルチパックに加入しないとどうなる

Wi-Fiマルチパックに加入しないと、2つの弊害がでます。

  • 光BBユニットでWi-Fiが利用できない
  • おうち割が適用されない

逆に言えばこの2つが自分に関係ないなら、Wi-Fiマルチパックは不要ということですね。

それぞれ解説していきます。

光BBユニットでWi-Fiが利用できない

光BBユニットでWi-Fiが利用できないので、Wi-Fiを利用したいなら市販ルーターを用意することになります。

下の章でBBユニットと同規格の市販ルーターを紹介します。

おうち割が適用されない

おうち割の適用条件のひとつにWi-Fiマルチパックがあります。

スマホがSoftBnak/Y!mobileの方はWi-Fiマルチパックを外してはいけません。

スマホ乗り換え後にWi-Fiマルチパックを外すと月額が高くなる

スマホを他社に乗り換え後はおうち割光セットは適用されなくなるのはもちろん、オプションパックが適用されなくなり、各オプションが割引価格ではなく通常料金での請求になります。

スクロールできます
サービス名単独料金オプションパック
光BBユニットレンタル513円/月3つまとめて550円/月
Wi-Fiマルチパック1,089円/月
電話サービス0~1,650円/月

この場合、ソフトバンク光利用料4,180円+513円+1,089円=5,782円となり高額です。
※マンションタイプの料金

これではもったいないので、契約を少し変更します。

契約の変更

スマホ乗り換え後に、ソフトバンク光の契約を変更していない方は下記の2つの環境に変更しましょう。

一番いいのはソフトバンク光自体をどこかに乗り換えることです。

管理人 Dすけ

割引が適用されないソフトバンク光は特段安いわけではないですからね。

①光BBユニットは継続、Wi-Fiマルチパックだけ解約して利用(非推奨)

この場合、BBユニットのWi-Fi機能が利用できなくなります(有線では利用可)

Wi-Fiを利用したい方は光BBユニットに市販ルーターを接続して利用します。

また、ホワイト光電話やBBフォンの利用を続けたい場合は、光BBユニットが必要なのでレンタルしておくしかないという実情もあります。

オプションパックが外れた後は、光BBユニットの月額は513円となります。

元々の550円より少し安くなりますが、おうち割が消滅してるので支払総額は元々よりは高くなりますし、光電話のオプション料金があがります。(乗り換えしたほうがいいかもしれない)

おうち割の消滅で料金があがるオプションを開く
タップで画像拡大
②光BBユニットとWi-Fiマルチパックを解約。市販ルーターのみで利用

固定電話を利用しておらず、高速ハイブリット接続なんて使わなくても普通にインターネットができればいい。という方がこの環境にします。

光BBユニットに代わる市販のおすすめルーター

ソフトバンク光に限らず往々にして市販ルーターの方がレンタルルーターより性能がいいです。

光BBユニットと同じ様な規格の市販ルーターと比較すると、光BBユニットにはない機能がついていたりします。

光BBユニットと同じ規格は1万円以下で購入できてしまうので、お買い得です。

光BBユニットと同規格の市販ルーターを紹介しますね。

管理人 Dすけ

光BBユニットを卒業した方はいいルーターを見つけてくださいね。

光BBユニットの規格

最新の光BBユニットは光BBユニット2.4(E-WMTA2.4)という型番です。

規格は以下の通り。

スクロールできます
無線LAN規格周波数帯伝送速度特筆すべき機能
IEEE 802.11b/g/n/a/ac/ax2.4GHz帯
5GHz帯
最大 2.4Gbps11ax, ビームフォーミング, 4×4 MIMO,
マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)
スマホは横スクロールできます

1つ前の規格は光BBユニット2.3(E-WMTA2.3)です

スクロールできます
無線LAN規格周波数帯伝送速度
IEEE 802.11b/g/n/a/ac2.4GHz帯/5GHz帯最大 1.3Gbps

では光BBユニットと同レベルの市販ルーターを比較してみましょう。

光BBユニット2.3と同レベルの市販ルーター

光BBユニット2.3(E-WMTA2.3)と大体同じ規格の市販ルーターはNECのAterm WG1800HP4です。

Amazon価格は記事執筆時6,500円です。

5Ghzでの最大速度は全く同じ1.3Gbps、2.4Ghzはソフトバンクが非公開のため、比較はできません。

光BBユニットに勝る点はビームフォーミング機能ですね。

管理人 Dすけ

ビームフォーミングがある分、市販ルーターの方が速いでしょう。

ビームフォーミングとは

特定の方向へ電波を送信したり、特定の方向からの電波を受信したりする技術です。

Wi-Fiの電波が安定し、速度が向上します。

光BBユニット2.4と同レベルの市販ルーター

光BBユニット2.4(E-WMTA2.4)と大体同じ規格の市販ルーターはバッファローのWSR-3200AX4S-BKです。

Amazon価格は執筆時10,331円です。

5Ghzでの最大速度は全く同じ2.4Gbps、2.4Ghzはソフトバンクが非公開のため、比較はできません。

光BBユニットに勝る点はセキュリティが入っていたり、Wi-Fi EasyMeshが搭載されているなどがあります。

Wi-Fi EasyMeshとは

親機と中継機同士が互いに通信しあい、網目状にネットワークを構築するWi-Fiの仕組みです。

大きな家や複雑な家でも、すみずみまで快適なWi-Fi接続が可能です。

Wi-Fiマルチパックの解約方法

ソフトバンク光のインターネット契約はそのまま継続してWi-Fiマルチパックのみを解約する方法を解説します。

My SoftBankにからWi-Fiマルチパックの解約が可能です。

STEP
My SoftBankにログインして「お手続き」をタップ
タップで画像拡大
STEP
Wi-Fiマルチパック手続きページに進む
タップで画像拡大
STEP
利用状況確認ページで【変更】をタップ
タップで画像拡大
STEP
Wi-Fiマルチパックの解約を申し込む
タップで画像拡大
STEP
申し込むボタンをタップ

「Wi-Fiマルチパック」の欄に「解約する」と記載があることを確認

タップで画像拡大

最適な申込み窓口は人によって異なる

ここまでWi-Fiマルチパックとはなにか、BBユニットやおうち割についても言及してきました。

しかしいちばん重要なのは申込先で、申込先を間違えると大きな損をしてしまいます。

「新規」で申し込むのか、「フレッツ光・他社光コラボ」から乗り換えなのかによってベストな申込先が変わります。

管理人 Dすけ

ソフトバンク光販売経験者としての一番のおすすめ申込先はエヌズカンパニーです。

新規の方

新規でソフトバンク光を申し込む方へのおすすめは【エヌズカンパニー】です。

理由としては、キャッシュバック額が一番高く、手続きは不要、還元時期が最短だからです。

おすすめポイント
キャッシュバック額が代理店NO.1
受け取りの手続き不要




最新のキャンペーン情報などを知りたい、他の代理店と比較したい方はこちらの記事を確認してください。

フレッツ光・他社光コラボから乗り換える方

フレッツ光・他社光コラボから乗り換える方(転用・事業者変更)はキャッシュバックが減額されないYahoo!BBがおすすめです。

転用・事業者変更でも減額されない
オプション不要
受け取り手続き不要

オススメじゃないポイント

キャッシュバック時期が遅い
現金キャッシュバックではない

転用・事業者変更だと他の窓口が15,000円に減額される中、Yahoo!BBだけ25,000円の高額キャッシュバックがされます。

転用、事業者変更とはフレッツ光や他社光コラボからの乗り換えを意味します。

デメリットとしては、キャッシュバック時期が若干遅いのと、普通為替でキャッシュバックされるのが少しクセがあります。

最新のキャンペーン情報などを知りたい方はこちらの記事を確認してください。

まとめ

最後に「ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは必要か不要か」についてのまとめです。

  • SoftBank/Y!mobileの人は必須
  • おうち割を適用させたいなら必須
  • 光BBユニットでWi-Fiするなら必須
  • 光BBユニットを使わないなら不要
  • 市販ルーターを使うなら不要

おうち割を適用させたいけど、BBユニットは邪魔だからいらないという方は、コンセントを抜いて返却するその日までしまっておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次